Past Cities

Bhubaneswar, Odisha, India

読み込み中地図...

インドのオリッサ州の州都ブバネシュワールは、豊かな歴史と文化遺産にあふれています。人口は 800 万人を超え、州内最大の都市です。この都市の歴史は 2,000 年以上さかのぼり、その発展は政治的、社会的、地理的要因の組み合わせによって形作られてきました。

先史時代の岩のシェルターと考古学的遺跡の存在によって証明されるように、ブバネシュワールの地域は古代から人が住んでいます。しかし、ブバネシュワールが重要な文化的および宗教的中心地として台頭し始めたのは、紀元前 1 世紀頃のカリンガ王朝の治世中のことでした。ベンガル湾の海岸に沿ったこの都市の戦略的な位置は、海上貿易を促進し、初期の成長に影響を与えました。

西暦初期の何世紀にもわたって、ブバネシュワールはさまざまな王朝の盛衰を目の当たりにしました。この都市は、9 世紀から 15 世紀にかけて東ガンガ王朝の首都として機能し、オリッサ州の芸術、建築、文学の発展に重要な役割を果たしました。ガンジス川の支配者は、都市の宗教的意義と建築の壮大さの象徴である有名なリンガラジャ寺院を含む数多くの寺院を建設しました。

ブバネーシュワールの政治環境は、16 世紀にベンガル スルタン国の支配下に置かれたときに変化を遂げました。その後の 17 世紀初頭のムガル帝国の侵略により、この都市は衰退期を迎えました。しかし、この地域にマラーター帝国が設立されると、ブバネシュワールは文化と貿易の中心地としての重要性を取り戻しました。

植民地時代はブバネシュワールに大きな変化をもたらし、19 世紀には英国の支配下に置かれました。英国は、都市の近代的な中心地としての可能性を認識し、道路、鉄道、行政施設などのインフラを開発しました。しかし、植民地主義の全体的な影響は、伝統的な社会構造を混乱させ、地元住民の経済格差につながったため、さまざまでした。

独立後、ブバネーシュワールは、州が形成された 1948 年にオリッサ州の首都になりました。都市の政治的重要性が増し、さらなる都市化と開発につながりました。この地域の豊かな文化遺産を保存および促進するための努力がなされ、その結果、オリッサ州立博物館やウトカル サンギート マハヴィディヤラヤなどの機関が設立されました。

ブバネシュワールの地理は、その歴史と発展を形成する上で重要な役割を果たしてきました。東部の海岸平野に位置するこの都市は、暑い夏と涼しい冬が特徴の熱帯モンスーン気候です。市内を流れるマハナディ川は、灌漑と交易の生命線でした。都市を取り囲む肥沃な土地は農業を支えており、農村人口の主な職業は水田栽培です。

近年、ブバネシュワールは急速な都市化を遂げ、情報技術、教育、医療の中心地として浮上しています。街のスカイラインは近代的な高層ビルで飾られ、古代の寺院や文化的ランドマークと共存しています。政府は、都市の史跡を保存するためのイニシアチブを取り、それらがユネスコの世界遺産リストに確実に含まれるようにしました。

ブバネーシュワルの歴史は、政治的変化、文化的変遷、地理的影響が織りなすタペストリーです。古代の起源から近代的な大都市としての現在の地位に至るまで、都市は過去との深いつながりを維持しながら進化してきました。ブバネーシュワルは、オリッサの回復力と活気に満ちた遺産の証であり、その建築の驚異で訪問者を魅了し、住民を両手を広げて歓迎します。