Past Cities

Bhagalpur, Bihar, India

読み込み中地図...

インド東部のビハール州に位置するバーガルプールは、豊かな歴史を通じて文明の盛衰、政治的変化、文化の発展を見てきた歴史的に重要な都市です。聖なる川ガンジス川の南岸に位置するバーガルプールの地理は、その運命を形作る上で極めて重要な役割を果たしてきました。

バーガルプールには長い歴史があり、その起源は古代にまで遡ります。この地域の歴史的重要性は、古代インドの叙事詩『マハーバーラタ』の時代にまで遡ることができます。神話によると、バーガルプールは、バギラタ王が祖先の魂を清めるために神聖なガンジス川を天から降ろす苦行を行った場所であると信じられています。

何世紀にもわたって、バーガルプールは文化のるつぼとなり、さまざまな王朝や帝国を惹きつけてきました。マウリヤ朝、グプタ朝、パラス朝、セナ朝など、いくつかの強力な王国の統治が見られました。これらの支配力は街に消えることのない痕跡を残し、その建築、文化、知的遺産に貢献しました。

中世、バーガルプールはイスラム教徒の支配者の侵入により激動の時代に直面しました。この都市はデリー・スルタン国、ベンガル・スルタン国、ムガール帝国の統治下に置かれました。これらの政治的変化は、都市の人口動態と文化構造に変化をもたらしました。イスラム教が台頭し、モスク、墓、イスラム教育機関の設立につながりました。

イギリス人は 18 世紀にバーガルプールに到着し、この地域の支配を強化しました。この都市はイギリス統治下で重要な行政および商業の中心地となりました。英国東インド会社は、肥沃な農地と絹産業の繁栄によるバーガルプールの経済的可能性を認識しました。この都市は絹の生産と輸出で有名になり、国内外から商人が集まりました。

しかし、バーガルプールの歴史は、社会的、政治的課題にも少なからず直面してきました。この都市はインド独立運動の温床となり、近くのジャグディシュプル出身のバブ・クンワール・シンのような著名な自由闘士がイギリスの支配に対する反乱を主導した。バーガルプールの住民は自治と独立の達成を目的とした抗議活動、デモ、運動に積極的に参加した。

最近の歴史の中で、バーガルプールはその評判を傷つける悲劇的な事件に直面しました。 1980 年代にこの都市では、重大な生命と財産の損失をもたらした地域暴動が発生しました。この出来事はバーガルプールの社会構造に永続的な影響を与え、多様性のある社会における共同体調和の課題を浮き彫りにしました。

人口に関して言えば、バーガルプールは長年にわたり着実な成長を遂げてきました。 2011 年の国勢調査の時点で、この都市の人口は約 41 万人でした。人口は多様で、さまざまな宗教、言語、文化的背景を持つ人々が共存しています。人口の大多数はヒンズー教徒で、次にイスラム教徒、シーク教徒、キリスト教徒が続きます。バーガルプールで話されている主な言語には、ボージプリ語、アンギカ語、マイティリ語があります。

バーガルプールの政治環境と地理は、その歴史の形成に重要な役割を果たしてきました。ガンジス川のほとりという戦略的な立地により、貿易と商業の中心地となっています。川は都市のライフラインとして機能し、農業や輸送に水を供給するだけでなく、精神的および文化的なシンボルとしても機能してきました。