Past Cities

Bellingham, Washington, United States

読み込み中地図...

雄大なベイカー山とベリンガム湾のきらめく海の間に位置するワシントン州ベリンガムには、今日の活気に満ちた都市への発展を形作った豊かで魅力的な歴史があります。初期の先住民族から重要な経済文化の中心地としての成長に至るまで、ベリンガムの歴史は、この地域の政治環境や独特の地理と絡み合っています。

ヨーロッパ人入植者が到着するずっと前から、ベリンガム地域にはコースト・セイリッシュ族やルミ族など、いくつかの先住民族が住んでいました。これらの部族は、陸と海がもたらす豊富な天然資源に依存して、この地域で繁栄しました。芸術的伝統と広範な交易ネットワークで知られる海岸セイリッシュ族は、この地域の景観と海洋生物と深いつながりを持っていました。

19 世紀半ば、金と肥沃な農地を求めてヨーロッパ人がこの地域にやって来始めました。 1855 年に地元の部族に保留地を割り当てるポイント エリオット条約の調印は、ベリンガムの歴史において重要な政治的出来事となりました。この合意にもかかわらず、入植者と先住民族コミュニティの間の緊張は続き、しばしば土地の主張の対立や文化的な誤解によって煽られました。

1852 年にヘンリー ローダーによって近くのセホームに炭鉱が設立され、ベリンガムの将来の成長の基礎が築かれました。 1853 年、ローダー ピーボディとラッセル ピーボディはワコムの町を設立し、後に近隣の他の集落と合併してベリンガムを形成しました。市が発展するにつれて、漁業、木材、海運などの産業が経済において極めて重要な役割を果たしました。

ベリンガムの地理は、その歴史的発展に大きな影響を与えてきました。ベリンガム湾に位置するこの都市は、19 世紀後半から 20 世紀初頭にかけて重要な海運拠点となり、地域の産業をより広い世界に結び付けました。木材、石炭、魚などの天然資源の存在が投資を呼び込み、経済成長を促進しました。さらに、ベイカー山に近いことは、街の象徴的なスカイラインを形作っただけでなく、ハイキングやスキーなどのレクリエーション活動に美しい背景を提供しました。

ベリンガムはその歴史の中で重大な政治的および経済的変遷を経験しました。 20 世紀には漁業と木材産業が衰退し、教育、医療、テクノロジーへの経済シフトが見られました。 1893 年のウェスタン ワシントン大学の設立と医療部門の成長により、ベリンガムは教育と医療サービスの地域センターとして台頭しました。

ベリンガムはその歴史を通じて、労働運動と政治活動の中心地でした。 20 世紀初頭、世界産業労働者 (IWW) が地元の木材産業で影響力を増し、企業の所有者や法執行機関との紛争につながりました。 1907 年のベリンガム暴動は、IWW 会員と自警団の間の激しい衝突を特徴としており、当時の激しい社会的および政治的緊張を反映していました。これらの出来事は市の労働の歴史を形成し、地域における労働者の権利と組織化された労働の発展に貢献しました。