Past Cities

Batman, Turkey

読み込み中地図...

トルコの南東部に位置するバットマン市は、政治的環境と独特の地理によって形成された豊かで多様な歴史を誇っています。

バットマンは、現在の人口約 60 万人で、バットマン州の首都です。この繁栄する都市は、クルド人、アラブ人、トルコ人、アッシリア人など、さまざまな民族のるつぼです。各グループは、今日のバットマンを定義する文化的なタペストリーに貢献し、バットマンの言語、伝統、生活様式に影響を与えています。

バットマンの歴史は古代にまで遡ることができ、人間の居住の証拠は旧石器時代にまで遡ります。この都市はチグリス川の支流であるバットマン川沿いの戦略的な位置にあり、定住地として魅力的な場所でした。何世紀にもわたって、フルリ人、ウラル人、ペルシャ人、ローマ人など、数多くの文明がこの地域に足跡を残しました。

ビザンチン時代にはこの都市はイリヤとして知られ、キリスト教の重要な中心地として機能しました。しかし、イスラム教カリフ制の台頭により、バットマンは変貌を遂げた。 7 世紀にアラブ軍がこの地域を征服し、イスラム教を導入し、地元住民を新しいイスラム秩序に同化させました。その後のセルジューク朝とアルトゥキドのトルコ王朝はバットマンに文化的な痕跡を残し、その建築遺産をさらに増やしました。

6世紀以上にわたるオスマン帝国は、バットマンの発展に大きな影響を与えました。この都市は 20 世紀初頭までオスマン帝国の支配下にあり、その間に繁栄と安定の時期を経験しました。橋、隊商宿、モスクの建設を含む帝国のインフラプロジェクトは、この地域の貿易を強化し、経済成長を促進しました。

20世紀初頭、バットマンの運命を変える一連の政変が起きた。オスマン帝国が崩壊し、1923 年にトルコ共和国が設立されると、この都市は大きな変化を経験しました。トルコ新政府が推進した同化政策は、均質なトルコ人のアイデンティティを促進することを目的としており、バットマンの多様な民族的および文化的構造に影響を与えた。

バットマンの地理は、その歴史と政治を形作る上で重要な役割を果たしてきました。トルコのクルド人が大多数を占める地域に位置するこの都市は、クルド人住民とトルコ政府の間の紛争と緊張の交差流に巻き込まれてきた。クルド人の権利とアイデンティティを求める闘争はバットマンの国境内でもしばしば共鳴し、定期的な暴動や政治活動につながっている。

ここ数十年、バットマンは急速な都市化と経済成長を目の当たりにしました。 1940 年代にこの地域で大量の石油埋蔵量が発見されたことにより、産業の発展が促進され、投資が集まりました。現在、バットマンはトルコのエネルギー部門の中心人物であり、製油所や石油化学施設がトルコの経済的繁栄に貢献しています。

街が直面する課題にもかかわらず、バットマンは文化遺産を保存することに成功しました。多様な人々が独自の伝統、音楽、料理を大切にし続けています。メスディエ文化芸術フェスティバルなどのフェスティバルは、街の多文化ルーツを称賛し、住民の共同体意識と誇りを育みます。