Past Cities

Barcelona, Anzoátegui, Venezuela

読み込み中地図...

ベネズエラの北東海岸沿いに位置するバルセロナ市アンソアテギは、その運命を形作ってきた豊かな歴史、活気に満ちた文化、多様な人々の証です。植民地時代の入植地としてのささやかな始まりから、賑やかな産業の中心地への変貌に至るまで、バルセロナは数多くの困難と勝利を乗り越え、ベネズエラの歴史に消えることのない足跡を残しました。

アンソアテギ州の州都バルセロナは、長年にわたって人口動態の大きな変化を経験してきました。 2021 年の入手可能な最新データの時点で、この都市は推定人口約 120 万人を誇ります。この多様なコミュニティは、スペイン人、アフリカ人、先住民族、その他のヨーロッパ系の人々を含む、さまざまな民族的および文化的背景が融合しています。ベネズエラの他の地域や近隣諸国からの移民の流入も、この都市の文化的なタペストリーに貢献しています。

バルセロナの歴史は、1671 年にフアン ロドリゲス スアレス大尉が入植地をヌエバ バルセロナ デル セロ サントとして設立したことに遡ります。カリブ海に近い戦略的な立地により海上貿易が促進され、都市の成長が確実になりました。植民地時代、バルセロナは農業と商業の中心地として栄え、その肥沃な土地はカカオ、タバコ、サトウキビの栽培を支えていました。この都市の繁栄により、主にスペインからのヨーロッパ移民が集まり、彼らはその文化的アイデンティティの形成に重要な役割を果たしました。

バルセロナの独立への道は政治的混乱を伴いました。この都市は、ベネズエラの他の地域と同様、19 世紀初頭までスペインの植民地支配下にありました。しかし、アメリカ革命とフランス革命によって提唱された自由と平等の理想は、バルセロナの住民にインスピレーションを与え始めました。 1810 年 4 月 27 日、この都市は南米中に広がる独立運動の波に加わり、自らを主権自治体として宣言し、その後のベネズエラ独立戦争の舞台を整えました。

独立戦争では、スペイン王党派とベネズエラの愛国者の両方がこの地域の支配を求めたため、バルセロナが戦場となった。注目すべきことに、1817年にこの都市は王党派によって画策された壊滅的な火災に見舞われ、歴史的中心部が焼き尽くされ、数多くの貴重な建築物が失われた。しかし、挫折にもかかわらず、愛国者たちは最終的に勝利を収め、バルセロナを含むベネズエラは 1811 年 7 月 5 日にスペインから独立しました。

19 世紀後半から 20 世紀初頭にかけて、バルセロナでは近隣地域での大量の石油埋蔵量の発見により工業化が急速に進みました。この都市は石油産業の重要な拠点となり、地元および海外からの投資を惹きつけました。この富の流入により、道路、橋、公共施設などの近代的なインフラが整備され、バルセロナは繁栄する都市中心部に変わりました。

20 世紀を通じて、政治的および経済的な出来事はバルセロナの軌跡に大きな影響を与えました。 1920 年代にマラカイボ盆地で膨大な石油埋蔵量が発見されたことにより、ベネズエラの経済的焦点は石油生産に移り、バルセロナは輸送と精製の中心地として重要な役割を果たしました。しかし、この都市はまた、権威主義的統治の期間や住民の生活水準に影響を与えた経済危機など、政治的不安定の影響も目の当たりにしました。