Past Cities

Balurghat, West Bengal, India

インド、西ベンガル州のダクシン ディナジプール地区にあるバルルガットは、政治的環境と独特の地理によって形成された豊かな過去を持つ歴史都市です。

バルルガートの起源は、鬱蒼とした森に囲まれた小さな村だった中世にまで遡ります。この都市の名前は、ベンガル語で「バルの家」を意味する「バルール」と「ガート」に由来しています。バルルガットの名前は、この地域に広大な土地を所有していたバララム・ゴーシュという地元の地主にちなんで付けられました。

イギリス植民地時代、バルルガートはディナジプール地区の重要な行政の中心地として機能しました。市は学校、病院、その他の公共インフラの設立により、著しい成長と発展を遂げました。イギリス人もこの地域にインディゴの栽培を導入し、経済ブームをもたらしました。

バルルガットの政治環境は、自由闘争とインド分割の影響を大きく受けました。 20 世紀初頭、この都市は国家主義者の活動の中心地となりました。ネタジ・スバス・チャンドラ・ボースやオーロビンド・ゴーシュなど、多くの著名な指導者がバルルガットを訪れ、独立運動への支持を結集した。

1947 年のインド分割はバルルガットに大きな影響を与えました。東パキスタン(現バングラデシュ)との国境近くに位置するこの都市には、大量の難民が流入した。分割によって引き起こされた共同体の暴力や避難民からの避難を求めて、数千人がバルルガットに移住した。新たな到着者を受け入れるのに苦労したため、都市の人口は増加した。

独立後の時代、バルルガットは西ベンガル州の一部となり、経済的および社会的発展を目撃し続けました。市の経済は主に農業を中心に展開しており、米、ジュート、サトウキビなどの作物の栽培が主力でした。この地域の豊かな沖積土壌と良好な気候が農業の成長を支えました。

バルルガートでは教育と医療の進歩も見られました。優れた学術の中心地となっているバルルガート大学を含む、いくつかの教育機関が設立されました。人口増加に対応するため、病院や医療施設の建設によりヘルスケア部門も拡大しました。

バルルガットの政治情勢は、長年にわたってさまざまな政党の影響を受けてきました。インド共産党(マルクス主義者)(CPI-M)は、この地域で重要な存在感を示し、複数の選挙で勝利し、長期にわたって政治権力を保持してきました。バルルガットの政治シナリオは、インド国民会議、トリナモール会議、インド人民党を含むさまざまな政党間の激しい競争によって特徴付けられています。

地理的には、バルルガットはアトレー川のほとりに位置し、周囲の農地に灌漑施設を提供しています。市は緑豊かな野原に囲まれ、主に田園風景が広がっています。肥沃な土壌と豊富な水資源を備えたこの地域の地形は、市の農業経済の形成に重要な役割を果たしてきました。

バルルガートでは長年にわたり、道路、橋、その他の設備の建設などのインフラ開発が行われてきました。また、この都市は鉄道を通じて西ベンガル州の他の地域とも結ばれており、交通と貿易が容易になっています。